プリオールのオールインワンを使ってみました!

プリオール うるおい美リフトゲル

たるんだ肌を一気に押し上げる!本格的エイジングケアができるオールインワン

プリオール うるおい美リフトゲル

伸びもよく程よく濃厚さもあるテクスチャーです。ただ少し香り強い気がしますが、クセのある香りではないので私は問題なく使っています。油っぽくもならないし、サラッとしてしまう事もない程よいしっとり感。肌に馴染ませている間は何も感じませんが、少し時間を置くと顔全体が引っ張られるというか、きゅっと引き締まったような感じがします。

1本で化粧水・乳液・美容液・マッサージ・クリーム・パックの6役を兼ね備えた年齢肌のためのオールインワンゲル。水分を抱え込むことで膨らむ性質を持つハリ成分を肌の隅々まで浸透させることで、たるみがちな肌もみずみずしくふっくらとしたハリ肌に改善する特徴があります。さらに6種類もの保湿成分が長時間潤いを保つので、乾きを感じにくいのもメリット。手間はかけたくないけど、本格的なハリケアを行いたい50代以降の方におすすめです。
120ml3か月分3,850円・税込
公式HPへプリオール 美つや BBジェルクリーム

編集部ごーやの感想

プリオール うるおい美リフトゲルレビュー

ゲル状クリームだけあってみずみずしいのにとろみはしっかり感じるテクスチャーです。

 

2、3回伸ばした程度だと多少被膜感がありますが、ぐーっと押し込むようにしっかり馴染ませていくとヌルっと感はなくなりふっくらと柔らかな肌触り!

 

内側がしっとりみずみずしく、肌表面はさらっとした保湿力なのですぐにメイクすることができました。

 

またオールインワン化粧品は時間が経つと乾きやすいというイメージがありましたが、さすが年齢肌向けにつくられた化粧品だけあって保湿の持続性が高かったです。

 

予防目的だけではなく、すでにたるみが進行しつつある50代以降の方にこそ良さが実感できるオールインワン化粧品なのかなと思いました。

【商品解説】
プリオール うるおい美リフトゲルは年齢とともに不足しがちな潤いを補い、しっとりふっくらとしたハリ感のある肌に整えるオールインワン化粧品です。

たった1本で本格ハリケア

プリオール うるおい美リフトゲル特徴

プリオール うるおい美リフトゲル最大の特徴はただ肌を潤すだけではなく、その潤い効果を長時間持続させることです。

 

6種類もの潤い成分に加え、水分を抱え込んで膨らむ性質を持つ成分も配合されているので、時間が経っても乾きにくくふっくらと若々しい肌に整えてくれるのだとか。

 

さらに化粧水、乳液、美容液、マッサージ、クリーム、パックと6つの機能を備えたオールインワン化粧品なので毎日のスキンケアが楽になるだけではなく、摩擦による肌への負担も軽減できる魅力もあります。

 

また濃密ゲル状クリームが浸透しにくくなった年齢肌にもしっかり馴染み、しっとりした質感なのに肌表面はベタつきのない軽い仕上がりなので、メイクの邪魔をしない点もメリット。

 

そして優しく一気に押し上げるように塗付することで、ピンっと弾むようなハリをもたらしてくれるようです。

 

そんなハリケアに効果的なプリオール うるおい美リフトゲルなので、乾燥対策のために・・というだけではなく、すでにたるみが気になる方や保湿化粧品ではイマイチ効果が実感できなくなってきたという方にこそぴったりなオールインワン化粧品ではないでしょうか。(編集部 ごーや)
参照:プリオールの口コミと効果は?

他のオールインワンジェルよりも粘度がある水飴のような質感のジェルで、こってり顔を覆う感じです。ワンプッシュで化粧水、乳液、ジェルクリームをつけ終わったような感触になりますし、その後翌日も乾燥しませんでした。まだ使い始めて1週間なのでたるみへの効果はわかりませんが、お値段の割に品質が高いと思います。しかも詰め替え用もあるみたいなので毎回ボトルタイプ買わなくていいのも助かりますね。

普段は化粧水からクリームまでライン使いしているのですが、ちょっと面倒に感じた時にこのうるおい美リフトゲルを使用していました。このオールインワンゲルを使った日は翌朝の洗顔後の肌がしっとりふっくらしていて、毎日これだけでもいいんじゃないかと思うほどです。使用感も私好みで、以前はゲル状の化粧品が苦手でしたがうるおい美リフトゲルは伸ばしやすく、肌馴染みが良いので使いやすかったです。

つけた直後はペタペタするのですが、少し時間が経つとしっとりした潤いの膜に覆われる感じなりました。その後のメイクには影響がなく、逆にメイクノリが良くなった気がします。しかもオールインワンに多いジェータイプのものは使い勝手が悪くて苦手意識があったのですが、これはプッシュ式で清潔かつ手軽に使えてとても良いです。もう少しで2本目を使い切るのですが、ほうれい線が目立ちにくくなりました。

今年で55歳の私にとっては安価なオールインワンだとどうしても乾燥気味なりますが、プリオールのうるおい美リフトゲルはステップを踏んだ時と同じような仕上がりでした。とろみがありますがみずみずしさもあるのでスルスルと馴染ませられるし、ケアした後の肌はぷるっとしたハリ感を感じます。さらにホルモンバランスが崩れと肌が敏感になってしまいますが、そういった時も刺激は感じず肌の調子を取り戻してくれました。

プリオールのおすすめアイテム

資生堂 プリオールしっとり美つや肌体感セット

乾燥からくる肌トラブルに!プリオール基本のスキンケア化粧品をラインでお試し

資生堂 プリオールしっとり美つや肌体感セット

1週間分お試しできるので、旅行用にと購入しました。全体的にべたつきやすいのかなと思いましたが、50代の私にはちょうどいいしっとり感です。とろみが強かったりこってりとしたテクスチャーなので馴染ませるのには少し時間がかかりましたがその分つけ心地が優しく、時間が経ってもふっくらとした肌をキープしてくれました。

手軽に本格的なエイジングケアができると話題のプリオールをたっぷり15日分お試しできるセット。ちょっとしたお出かけにも便利な1本で5役がカバー出来るおしろい美白乳液を始め、マスク後のような潤いと艶が生まれるマスクイン化粧水、小じわの奥のメーク汚れや古い角層もすっきり落とすオールクリア石鹸など50代からのスキンケアに便利な基礎化粧品が揃っているのが特徴です。乾燥による小じわやハリ・ツヤの低下に悩む50代以降の方に1度は試してみたい化粧品です。
通販限定7日間お試しセット1,100円・税込 ※無くなり次第終了
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・おしろい美白乳液(日中用)7ml・クリームイン乳液18ml+BBジェルクリーム)
公式HPへ資生堂 プリオール スキンケア お試しセット

編集部ゆずの感想

資生堂 プリオールしっとり美つや肌体感セットレビュー

プリオールは年齢肌の肌質や肌悩みだけでなく、ライフスタイルも非常に考えられたブランドだなと感じました。

 

おしろい乳液はほんのりピンクの液体で、緩い乳液状なのでスルスル伸ばすことができます。塗り伸ばすとピッタリとフィットし、ファンデーションを塗ったような閉塞感もナシ!

 

すっぴんがきれいな人と思わせてくれるような仕上がりになりました。毎日メイクするのはおっくうなのでスキンケアでメイク効果が与えられるのは嬉しいですよね♪

 

「手軽さ」を一番に重視しつつも、仕上がりや紫外線・美容ケアもしっかり行ってくれるプリオールはまさに50代以上の方にぴったりな化粧品だと思います。

【商品解説】
資生堂のプリオールしっとり美つや肌体感セットは肌にツヤをもたらし、乾燥による肌トラブルを改善してくれる50代以降のための基礎化粧品セットです。

使い勝手も考えられた化粧品

資生堂 プリオールしっとり美つや肌体感セット特徴

プリオール最大の特徴は、手軽で簡単なのに本格的なエイジングケアができるアイテムが揃っていることです。

 

例えばマスクイン化粧水は名前の通り化粧水だけでマスクした後のようなしっとり感とつやのある肌に整えることができるのだとか。

 

さらにプリオール化粧品の中でも人気の高いおしろい美白乳液は、スキンケアなのに薄化粧効果も備わっているため、肌を保湿しつつ色むらをカバーしたり血色をアップできるそうです。

 

また年齢肌向けの化粧品ブランドだけあって濃厚なテクスチャーとしっとりとした仕上がりも特徴

 

20代30代の方や乾燥肌以外の方にとっては少し重たく感じるかもしれませんが、水分だけではなく油分も不足している50代以降の方や保湿してもすぐに乾燥してしまう方にぴったりではないでしょうか。(編集部 ごーや)

 

資生堂 プリオールしっとり美つや肌体感セット 54歳 乾燥性敏感肌

1.その時のアナタの肌の悩み

資生堂 プリオールしっとり美つや肌体感セット口コミ

今までは特別肌の悩みもなく、スキンケアはプチプラの化粧水とクリームをパパっと塗る程度でした。しかし年齢的にも肌が乾燥しやすくなり、気がつけば小じわやシミなどが現れるようになっていました。そこで今更ながらしっかりと基礎化粧品を使ってケアしようと決意しました。

 

2.その化粧品を選んだ理由

テレビCMを見てプリオールを知りました。調べてみると50代や60代のための化粧品のようで、トライアルセットもあったためとりあえず注文して使ってみることにしました。

 

3.テクスチャーと使い心地・気になった点

まずは洗顔石鹸。めんどくさがりなので自分で泡立てる必要がある固形石鹸は避けてきましたが、オールクリア石鹸は泡立ちやすかったです。軽いメイクならこの石鹸だけで十分落ちるし、洗い上がりはさっぱりするのにツッパリ感はありませんでした。マスクイン化粧水はとろみが強くかなり保湿力が高いです。最初は結構べたつきますが、しっかり馴染ませるとベタつきはなくなり、これ1本だけでもいいんじゃないかと思うほど保湿されました。クリームイン乳液は乳液よりの塗り心地なのに仕上がりはクリームなので、しっかり潤いを閉じ込めてくれる感じがします。そして一番気になっていたおしろい美白乳液は、少しピンクカラーが混ざっており、肌にすっと溶け込みます。おしろいとあるので結構白浮きするのかと思いきやあくまでスキンケア化粧品なので、肌につやが増して血色がよくなりました。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

全体的にコクのある使用感で、時間が経っても乾燥しにくくなりました。トライアルなので劇的な美容効果は現れなかったものの、しっかり保湿されることで小じわは目立ちにくく、頬につやができるようになりました。しかし50代乾燥肌の私にはちょうど良かったですが、もう少し若い方やべたつきやすい肌質の方にはちょっと重たそうですね。またどれかひとつ単品で使うよりも、洗顔から乳液までライン使いした方がより良さがわかる化粧品だと思いました。

 

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム

塗りました感無しでしわ・シミをしっかりカバー!滑らかで自然なツヤを生むBB

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム

「BBクリーム=伸びが悪い」というイメージでしたが、口コミにもあった通りすーっと伸び、乾燥肌の私でもひっかかりなく塗ることができます。仕上がりは以外にもナチュラルで厚塗り感は全くありません。濃いシミは完全に消せないものの、毛穴など肌の凹凸はしっかりとカバーしてくれました。SPF35なのでレジャーには少し物足りないですが、デイリー使いにはちょうどいいと思います。

1つで美容液、化粧下地、ファンデーション、UV対策も・・!7つの機能がひとつになったジェルクリームタイプのBB。滑らかで伸びの良いジェルクリームが、薄付きでありながらしわやしみをしっかりカバーしつつ、自然なつや感を引き出してくれるのが特徴です。さらに潤いが長時間持続するので12時間化粧もち(つや・よれ・薄れ)をキープしてくれます(データ取得済み)。カバー力もほしいけど、厚塗り感を出したくない年齢肌におすすめなBBクリームです。
3,300円・税込(美リフトパウダー付)
公式HPへプリオール 美つや BBジェルクリーム

編集部いちごの感想

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリームレビュー

手に出してみると、ぷっくりとした形が残る位しっかりしたテクスチャーですが、指先でサラッと広げられる位のエアリー感がありました。

 

BB特有の閉塞感やぺたぺたした手触りはなく、うっすら密着なのにしわやキメなどの凸凹にもしっかり入ってくれて、表面はとても滑らかになります。

 

さらに肌全体が明るくなり、光を上手く反射してまさに「つや肌」。厚塗り感なく、年齢トラブルをさりげなくカバーできました。

 

厚塗りでマット肌になりがちなBBクリームですが、プリオール 美つやBBジェルクリームならカバー力もありつつ程よいつや感も引き出してくれるので、今までBBクリームを懸念してた方にも使いやすいと思います。

 

【商品解説】
資生堂から発売されているプリオール 美つやBBジェルクリームは厚塗り感なくさまざまな肌トラブルを自然にカバーして、1日中ツヤ肌をキープしてくれる多機能ファンデーションです。

1本でベースメイクが完成

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム特徴

年齢肌になりシミやシワ、ほうれい線などさまざまな肌トラブルが現れると、いくつも化粧品を重ねてしまったりファンデーションも自然と厚塗りになりがち・・。

 

そこでプリオール 美つやBBジェルクリームは1本に7つの機能を備えていることで、薄付きながらしっかりと肌トラブルをカバーすることができるのだそうです。

 

その7つの機能というのが化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、UVカット、クリーム、美容液、肌色コントロールです。

 

メイクアップ効果だけではなくスキンケア効果も発揮するので、テクニックがなくても化粧水後はプリオール 美つやBBジェルクリーム一塗りするだけでベースメイクが完成

 

さらにBBクリームはマットな質感になりやすいですが、このプリオール 美つやBBジェルクリームはカバー力があるのに美容液のように滑らかなテクスチャーで、みずみずしいツヤ感も与えてくれます

 

UVカット効果もSPF35・PA+++とそこまで高い数値ではないものの、日常生活を送るには十分紫外線カットしてくれるので、日焼け止めを使わずに過ごせそうですね。

 

50代を過ぎるとメイクによる負担も大きく、さらに隠したい部分も多くなりますが、このプリオール 美つやBBジェルクリームなら肌への負担も最小限に抑えつつ、簡単にツヤ肌をつくれるのではないでしょうか。(編集部 ごーや)

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム 59歳 乾燥肌

1.その時のアナタの肌の悩み

資生堂 プリオール 美つやBBジェルクリーム口コミ


年齢とともに艶がなくなり、肌がくすむようになりました。また乾燥肌で夕方になると目元口元がかさつき、小じわがくっきりと目立つようになりました。

 

2.その化粧品を選んだ理由

年齢肌のための化粧品ブランドという点と商品名にもある「美つや」というフレーズに惹かれ試してみることにしました。お値段もそこまで高くないので、挑戦しやすかったです。

 

3.テクスチャーと使い心地・気になった点

カラーは4種類あり、私は自然な肌色のオークル2を選びました。暗過ぎず明る過ぎずで年齢肌に馴染みやすいカラーだと思います。そしてBBジェルクリームというだけあってとても滑らかな塗り心地でした。私はある程度肌に伸ばした後スポンジで叩き込んでいましたが、それをすることでより密着して均一な肌に仕上げることができました。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

59歳になると変に白浮きしたり艶がテカリに見えてしまったりするのですが、、このプリオール 美つやBBジェルクリームは肌に馴染む自然な明るさ、内側から発光するような上品な艶肌に仕上げてくれるのでとても使いやすかったです。
ただナチュラルな仕上がりな分、はっきりと目立つシミや吹き出物を完全に隠すならコンシーラーが必須かもしれませんが、くすみや小じわなど乾燥からくる肌トラブルはこれ1本で十分カバーできました。また夕方になると多少Tゾーンがテカることはあるものの、ティッシュでおさえれば汚くメイク崩れを起こすことはありませんでした。

 

オールインワン化粧品選びのポイント!

50代からのオールインワン化粧品の選び方

50代からのオールインワン選びは現在抱えてしまっている肌トラブルと、肌の老化の両方を意識した上でバランスの取れたものを選んでいく必要があります。

大前提はエイジングケア

50代オールインワンゲル選び方

40代から本格的に老化が加速していく肌は50代になるとさまざまなトラブルを表面にもたらすものです。

 

そのトラブルを改善していくことが大きな目的となるわけですが、その一方で老化そのものにもうまくケアしていかないと別のトラブルを抱えてしまうことになりかねません。

 

シミが気になるからと言って美白対策ばかりを一生懸命行っているとシワやたるみが進んでしまう、などといったことも起こりうるのが50代の肌なのです。

 

ですからオールインワンを選ぶ場合にはエイジングケア全般に優れていることを前提にしたうえでプラスアルファ現在抱えているトラブルの改善に役立つかどうかをチェックしていくことになります。

 

その意味ではもっとも贅沢にオールインワンを選んでいく必要がある世代といえるかもしれません。

 

エイジングケアではやはり老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化成分が非常に重要です。

 

ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどの成分がどれだけ含まれており、どれだけの効果が期待できるのか、肌トラブルの根本の原因にアプローチする部分だけにしっかりとチェックしておきましょう。

肌悩みに特化したオールインワンを!

50代オールインワンゲル選び方

それからターンオーバーの活性化。平均で28日周期といわれるターンオーバーも50代になると50日以上にまで延びてしまうといいます。

 

それが角質の蓄積やメラニン色素の沈着といった問題を引き起こしますから、プラセンタエキスやEGF、プロテオグリカンといった角質細胞を活性化させる働きを持つ成分でうまく補っていくことが重要です。

 

50代はターンオーバーの乱れがもたらすトラブルが起こりやすい時期でもあるのでとくに重視したいポイントとなるでしょう。

 

小じわなど乾燥が原因でトラブルが起こりやすい面もあるため、保湿成分もやはり欠かせません。シミやくすみにしてもバリア機能の低下による紫外線のダメージと、先ほど挙げたターンオーバーの乱れが重なることで一気に進行してしまう面があります。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸を角質層の隅々にまでしっかりと浸透させることができるか、そして補った後にその効果を長く維持することができるか。単にこれらの成分が配合されているかどうかだけでなく、浸透性や持続性も意識した上で判断していきたいところです。

 

このように50代のオールインワン選びはかなりいろいろな条件が付くので難しい部分もありますが、価格にも注意したうえで情報収集を行いつつ自分にピッタリ合う製品を徹底的に選んでいくようにしましょう。

《50代の人のオールインワンゲルの選び方まとめ》

  • 50代はエイジングケア全般+肌トラブルの改善に役立つオールインワンゲルを選ぶこと
  • ターンオーバーを活性化させる成分を補うこと
  • 浸透性や持続性に優れたオールインワンを選ぶこと

 

乾燥肌の人のオールインワンゲルの選び方

乾燥肌の人がオールインワンゲルを使用する際には製品の効果を慎重に見極めたうえで選択することがまず大事です。

保湿効果に優れたオールインワンを!

乾燥肌オールインワンゲル選び方

オールインワンゲルの最大のメリットは1本でひととおりのスキンケアをカバーすることができる点です。

 

手間を省くことはもちろん、ひとつひとつのスキンケア製品を使用するよりも摩擦による刺激を少なくすることができます。

 

乾燥肌の人はとくに刺激に対して敏感になっているため、この摩擦の負担の軽減が大きなメリットとなります。

 

ただし、オールインワンゲルはこのメリットと背中合わせのデメリットも抱えています。それは幅広い役割が備わっている一方、ひとつひとつの効果が平均的だという点です。

 

化粧水や美容液、乳液の効果をひととおり得られる一方、トラブルを抱えている場合には十分な効果が期待できない恐れもあるのです。乾燥肌の場合はこの点を注意したうえでオールインワンゲル選びを行っていくことになります。

オールインワンゲルの浸透力も重要

乾燥肌オールインワンゲル選び方

最大のポイントはやはり保湿。乾燥を改善するためには保湿が不可欠ですから、その効果が優れたオールインワンゲルを選んでいく必要があります。

 

できれば保湿効果を最大のセールスポイントにした製品を選びましょう

 

保湿以外にも抗酸化作用など幅広い効果を目指した製品だと肝心の保湿効果が十分に得られない可能性もあります。

 

乾燥対策にはエイジングケアも大事ですが、オールインワンゲル選びではまず保湿効果を優先するのが鉄則です。

 

具体的にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといったおなじみの保湿成分がどのような形で配合されているのかを見てみましょう。含有量はもちろんのこと、できるだけ浸透しやすい工夫が施されているかがとくに大事です。

 

ナノ化による低分子化など、保湿美容液によく用いられている技術が採用されているのかどうか、内容についてよく確認しておきたいところです。刺激が少ないメリットを活かすためにも乾燥を改善する保湿効果の内容が乾燥肌の人にとってのオールインワンゲルを選ぶポイントなります。

《乾燥肌の人のオールインワンゲルの選び方まとめ》

  • オールインワンゲル1本で十分な効果が期待できるものを選ぶこと
  • 第一に保湿効果に特化したオールインワンゲルを選ぶこと
  • 配合成分や含有量だけではなく浸透しやすいオールインワンゲルかを見極めることが大切

 

敏感肌の人のオールインワンゲルの選び方

敏感肌の人にはオールインワンゲルが適していると言います。化粧水や美容液などのスキンケア製品を単体で使用するよりもオールインワンゲル1本で済ませた方が塗布する際の摩擦の刺激が少なく済むため、肌に負担がかからないからです。

 

ただ、オールインワンゲルならなんでもよいというわけではなく、製品選びの際には慎重に内容を確認しておく必要があります。

シンプルなオールインワンを!

敏感肌オールインワンゲル選び方

まず製品そのものの刺激について。摩擦による刺激が少ないのはよいですが、製品そのものが肌に刺激をもたらすようでは意味がありません。

 

オールインワンゲルの場合、1本で多様な効果をもたらすためさまざまな美容成分が含まれているのが一般的ですが、敏感肌の人は配合されている成分が多いと肌が過敏に反応しやすくなります

 

また多くの成分を配合しているほど品質を保持するために防腐剤などの添加物が必要になります。自分の敏感な肌への使用に適しているのか、この基本的なところから見ていきましょう。

 

なお、アルコールは水分を蒸発させてしまうため配合された製品は避けたほうが無難です。

 

それからやはり保湿効果が重視されます。乾燥肌と同様、乾燥がバリア機能を低下させることで刺激に敏感な状態になってしまっています。

保湿成分・抗菌成分配合のオールインワン

敏感肌オールインワンゲル選び方

先述のようにあまり多くの成分が配合されていると肌に負担になってしまう恐れがあるため、保湿効果に特化したオールインワン化粧品を選ぶのもひとつの選択肢です。

 

セラミドの配合は必須、それも濃度や浸透性にも着目したうえでより高い効果が期待できるものを選んでいきましょう。敏感肌の人は肌の健康状態が不安定になっており、目に見えない小さな炎症が繰り返し起こっているケースも見られます。

 

その状態を改善しないとちょっとした刺激に肌荒れを起こしてしまうリスクを抱え続けることになりますから、ハトムギエキスやグリチルリチン酸といった殺菌・抗菌成分が配合されているかどうかも見ておきましょう

 

適切なオールインワンゲルを見つけることができれば効果的にスキンケアと敏感肌の改善の両方を行っていくことができるはずです。

《敏感肌の人のオールインワンゲルの選び方まとめ》

  • 配合成分の多さではなく自分の肌に適したオールインワンゲルを選ぶこと
  • 水分を蒸発させるアルコール配合のオールインワンゲルには注意
  • 乾燥対策としてセラミドなど保湿成分が豊富に配合されたオールインワンゲルを選ぶこと
更新履歴